読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すんちゃんの思考の部屋

理系大学院卒、コンサルタントの日々を徒然になるままに書き留めました。

マクロ経済学入門

Output

 

マクロ経済学入門 (日経文庫)

マクロ経済学入門 (日経文庫)

 

 【一言でいうと?】

マクロ経済学って?何ぞやという人で、

おおまかに知識を詰め込みたい方にオススメの書籍です。

 

【きっかけは?】

偶然、教養の特集している雑誌で見かけたから。

もともと理系で経済学とか全然分かっていなかったけれども、

ビジネスパーソンになるにあたって、大枠は知ってないと良くないのかなって思って、

読んでみました。

 

【アウトプット】

マクロ経済学とは、経済を巨視的(マクロ)な視点から把握しようとする経済学です。

そして理論の中核は、ケインズ経済学であり、主に3つの市場を想定しています。

  1. 財市場
  2. 貨幣市場
  3. 労働市場

また、マクロレベルで経済を捉えるときに、最も注目される指標は、GDP (Gross Domestic Product) です。

 

GDP: ある一定の期間に、ある国の経済において、新たに生産されたすべての財・サービスの付加価値の合計

 

様々な仮定の下で、理論は構築されているため、現実の予測にはうまく当てはまらないことが多い。